製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【カジュメン AnyOne(エニワン)】 ラーメン? パスタ?
 a_0028123.jpg

野菜ソムリエの資格を持った店主が作るのが、
オリジナルメニュー「カジュメン」です。

a_0028116.jpg

「ベジトマ」は中華そばの鶏ガラスープをとる際に使う
ニンジンとタマネギに、
トマトを加えたスープソースが味の決め手なのだそう。

▼おでまし、カジュメン/ベジトマさま
a_0028122.jpg

カジュメン ベジトマ 500円。
野菜の甘み、そして鶏ガラのコクが口で広がります。
平打ちの麺はオレンジ色のスープソースとの絡みも抜群です。
スープソースを残してリゾットを楽しむ方も多いとか。

a_0028118.jpg

夜は豊富な一品料理やお酒が揃ってます。

a_0028120.jpg 

こちらは「バリはかた丼」です。
チャーシューの下に辛子高菜が敷き詰められてますよ。

a.jpg

金も美味しいそうです。今度食べてみます。



【カジュメン AnyOne(エニワン)】
住所 福岡市博多区冷泉町2-20 
電話 092-262-7067
営業 月・火曜は11:30〜21:00、水〜土曜は〜24:00、日曜は〜16:00
※15:00〜18:00は閉める場合あり
定休 不定

<お蔵出しネタです。。。>

『らーめん二男坊』 タベトンってなんぞや?
a_0029420.jpg

「タベトン」とは、豚の頭骨とゲンコツでとったクリーミーな豚骨スープをジュレ状に固めた食べるトンコツの略。
店主・梅本さんが考案したユニークなトッピングです。

らーめん二男坊』さんにて、
博多っ子が喜びそうな油そばをいただいてきました。



続きを読む >>
『一膳めし 青木堂』 新作・塩ダレ焼きそば!
s_0029615.jpg

焼きそばがあったんです。

『一膳めし 青木堂』さんといえば、
定食のイメージがありました。
ちょっと前に食べに行った際、
壁に、新作、と書かれた張り紙を見つけました。
それがコレ。

▼登場、塩ダレ焼きそばさま
a_0029614.jpg

新メニューの「塩ダレやきそば」は500円。
近くにある上九醤油さんの塩ダレを使っているということです。
テーブルに運ばれると、すぐに塩ダレの香りが広がり、
食欲をそそります。
具材はイカゲソ、かまぼこ、キャベツ、玉ねぎ、豚肉で、
合わせるのはちゃんぽん麺です。
ちゃんぽんをそのまま焼きそばにしたような印象でした。

a_0029617.jpg

麺のぷにんとした食感が心地よく、
一体感があります。
とにかく麺をたくさん食べたいという方には、
大盛りがオススメです。
+100円で麺をダブルにすることができます。
卓上の酢をかけると最後までさっぱりと楽しめますよ。




『一膳めし 青木堂 (いちぜんめし あおきどう)』
電話 092-751-0144
住所 福岡市中央区大名1-11-28
営業 8:30〜21:00(LO20:30)
   祝日は11:00〜17:00
定休 日曜


続きを読む >>
『博多らーめん Shin-Shin』 昨年登場、油そば
a_0029628.jpg

久しぶりに福岡市・天神の「博多らーめん shin-shin」へ。
昨年からメニューに加わったのが油そばをオーダーしました。

a_0029624.jpg

Shin-Shin といえば極細麺のトンコツラーメンが看板メニューですが、
この油そばには太麺が合わせてあります。



続きを読む >>
『黄金の福ワンタン まくり』 居ても立ってもいられない。
A_0028153.jpg

久しぶりにまくりさんに行ってきました。

a_0028149.jpg

ほとんどの麺料理が500円前後です。
なかなかのバリエーションでいろいろ食べたくなる。

a_0028151.jpg

オーダーしたのが、スーラーメン(酸辣麺)です。
あのスポーツ界の大御所・Oさんも贔屓にされているとか。
イニシャル意味ないですか。

▼お出まし、酸辣麺さま
a_0028155.jpg

揚げワンタン+50円を追加トッピングしております。
彩りがキレイ。キラキラ輝く様が真っ赤なルビーのよう。
食欲をかき立てる酸味、
後からじわじわ効いてくる辛味がヤミツキになります。


a_0028156.jpg

とろみのあるスープをからめ取るのがこの中細ストレート麺。
バランスが良いですね。

おごちそうさまでした!



『黄金の福ワンタン まくり』 
住所 福岡市早良区飯倉5-18-15
電話 092-865-5568
営業 11:30〜22:00、月〜金の14:30〜17:00はクローズ
定休 月1回不定

『黄金の福ワンタン まくり』 居ても立ってもいられない。
A_0028153.jpg

久しぶりにまくりさんに行ってきました。

a_0028149.jpg

ほとんどの麺料理が500円前後です。
なかなかのバリエーションでいろいろ食べたくなる。

a_0028151.jpg

オーダーしたのが、スーラーメン(酸辣麺)です。
あのスポーツ界の大御所・Oさんも贔屓にされているとか。
イニシャル意味ないですか。

▼お出まし、酸辣麺さま
a_0028155.jpg

揚げワンタン+50円を追加トッピングしております。
彩りがキレイ。キラキラ輝く様が真っ赤なルビーのよう。
食欲をかき立てる酸味、
後からじわじわ効いてくる辛味がヤミツキになります。


a_0028156.jpg

とろみのあるスープをからめ取るのがこの中細ストレート麺。
バランスが良いですね。

おごちそうさまでした!



『黄金の福ワンタン まくり』 
住所 福岡市早良区飯倉5-18-15
電話 092-865-5568
営業 11:30〜22:00、月〜金の14:30〜17:00はクローズ
定休 月1回不定

『AnyOne』 パスタならぬカジュメン!
a_0028123.jpg

衝撃が走りました。
なんと言いましょうか。ラーメンの新世紀到来!? 

a_0028116.jpg

今回ご紹介するのが、このカジュメンです。



続きを読む >>
『ラーメン海鳴』 まぜそばもまた良し。
a_0026673.jpg

期間限定麺のまぜそば、
なんとか味わうことができました。
一番通好みというエスニック風をチョイス。

▼登場、まぜそばさま
a_0026673.jpg

さすがのバランス感。
ぴりっと刺激的で、食べ進めるほどに
コク、苦み、甘み、塩気がグングン広がっていきます。
a_0026674.jpg

極太の麺がほんとに合う。
なめらかでつるんとしていながら、
ひとたび歯が入るとグイグイと力強さが顔をのぞかせます。
もっちり、しこしこ。
噛み締めるほどに、スパイシーな味わいが広がる。
ブラボー。
s_0026679.jpg

凪さんでおなじみの大きく薄い平麺もイン。

a_0026677.jpg

ネギの辛味とシャッキリ感がアクセントに。
おごちそうさまでした!


『上海モンナリーサ』 主役を食う、そんな一杯
a_0025469.jpg

麺食いにとって、主役は麺。言わずもがなです。

さて、主役=麺を食う。
いやいや、この一杯は違います。
主役を食う=主役を負かす。
そう、“あるもの”が、
麺を負かした、というお話です。
お邪魔したのは『上海モンナリーサ』さん。

続きを読む >>
『博多元助 天神西通り店』 本能のおもむくままに
 a_0025079.jpg

ご紹介するのは、まぜそばです。
さて、東京界隈で2007年くらいからブームの兆しが出て
まぜそばという一品。
ジャンクがレッジさんがその代表格です。

どこで食べたかというと、
大名の元助さんです。

a_0025086.jpg



続きを読む >>
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ