製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『ぴかまつ』 ものすごい吸引力。
a_0028612.jpg

先日、ぴかまつさんへ行ってきました。
ほんとにちゃんぽんを久しぶりに食べようと思っていたんです。
が、やっぱり惹かれるんですよねえ。皿うどんに。
プリプリのエビ、ホタテなど具沢山なのは今日も変わらず。
安定した味わいです。

おごちそうさまでした!!

過去の日記はこちらから。


『元祖ぴかいち』やっぱり皿うどん
a_0026707.jpg

ひさしぶりの『元祖ぴかいち』さん。
ちゃんぽん食べようと思っていたのに、
やっぱり皿うどんに惹かれてします。

s_0026708.jpg

おごちそうさまでした!!!


『ぴかまつ』 やっぱり皿うどんに流れてしまう
 ★_0021752.jpg

前回の来店からそれほど日が経ってないですね。
ぴかまつ』さんにお邪魔してきました。
店主がご近所さんだということが判明。
これもきっとご縁ですね!

▼皿うどんさま
★_0021754.jpg

この日はご飯セット750円をオーダー。
ちらりと写っている奥様お手製のキムチが美味でした。
さて、メインの皿うどん。
ホタテが入っていて、ちょっぴり豪華になっております。
前回よりもやや塩味が効いていて、
ご飯がとても進む!
もちっとした麺はジューシーで、
やはり噛み締めるほどに美味い。

チャンポンも試したいんですが、
皿うどんの誘惑に負けるなあ。
次こそ!




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『ぴかまつ』
住所 福岡市中央区高砂2-9-15 1F
電話 092-524-3221
営業 (今のところ)11:30〜21:00LO、日曜は昼のみ(15:00まで)
店休 (今のところ)なし
※営業時間、店休日は落ち着いた頃に変わる可能性あり。

JUGEMテーマ:グルメ
『点心房 新界』 つかのまの贅沢
 ★_0021730.jpg

毎週、土曜日に実施されている文章力向上のための勉強会。
参加者のみなさんの意識が高く、
毎回良い刺激になっております。

さて、そんな勉強会の後、
「みんなで食事でも食べに行こう」という代表・元木に連れられ、
やってきたのが『中国菜館 福新樓』さんです。
・・・が、残念ながら満席。
ということで、同じビル内にある『点心房 新界』さんです。
こちらでも福新樓さんの料理がオーダーできるんですよ。

続きを読む >>
『ぴかまつ』 名店のスピリッツ、確かに受け継がれる
 ☆_0020684.jpg

本来なら昼に食べた『麺篤屋 』さんを紹介したいところですが、
僕的な超Bigニュースだったので、お先に『ぴかまつ』さんをご紹介。

「ぴかまつ」という店名、
ちゃんぽん、皿うどんを提供と聞けば、
福岡の麺フリークならば自ずとアノ名店が思い浮かぶはず。
そう、博多駅前の名店『元祖 ぴかいち』さんです。
大将はぴかいちさんで十数年腕を磨き、今年の4月に独立。
6月末にこの高砂の地に店を構えました。





続きを読む >>
『川端どさんこ』 この瞬間だけは全てを忘れよう。
 ☆_0020631.jpg

比較的最近来たばかりの『川端どさんこ』さん。
ランチとディナータイムの間に休みがないので、
昼時に食べ損なったときに本当に頼もしい一店です。

▼この日の主役は皿うどんさま
☆_0020631.jpg

この日も旨かった。
パンチが効いていて、本当に箸を持つ手が止まらない。
味噌ラーメン、皿うどん、どっちを食べるか、
毎度頭を悩ませてしまいます。
罪な店です。

☆_0020633.jpg

もちろん半チャンもオーダー。
知らなかったのですが、
1人だと注文できないんですね。
たまたま後から入ったお客さんも半チャンをオーダーしてくれて良かった。

皿うどんとチャーハンなので、
1億カロリーくらいあるでしょうが、
まあ、この際、忘れちゃいましょう。

おごちそうさまでした!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

『川端どさんこ』
住所 福岡市博多区上川端町4-229
電話 092-271-5255
営業 11:15〜19:55
定休 火曜、第3月曜

JUGEMテーマ:グルメ
『元祖 ぴかいち』 春は皿うどんの季節なり
 

僕の皿うどんランキング、不動のNo1 『元祖ぴかいち』さん。
いつ食べても美味いんですが、
僕はとりわけ春に食べる皿うどんが大好きです。
こちらでは季節ごとに旬の食材が加わります。
春は菜の花&あさりが入るのですが、
これが実に合う!


続きを読む >>
『黒田屋』でみずみずしい皿うどんを
 

事務所からチャリで約8分ほどの場所にある『黒田屋』さん。
美味い皿うどんを提供する店を挙げるなら、
必ず入れたい名店です。

▼こちらが皿うどんさま

一杯550円という価格がうれしい。
お世話になっているカメラマンさんにもファンが多いんですよね。
スープをこぼれそうなほど吸った麺が後を引きます。
噛みしめた瞬間、ジューシーな旨みが広がります。
量もしっかりあるので、
大盛りにせずともお腹いっぱいになりますよ。
脂分はやや控えめの部類に入ります。
そのためか、女性のオーダー率が高いです。

ごちそうさまでした!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -   

『黒田屋』 
住所 福岡市中央区赤坂1-3-14 
電話 092-733-9449
時間 11:00〜21:00
店休 日曜

JUGEMテーマ:グルメ
『中国北方料理 知味観』 原点の皿うどん
 

引き続き、皿うどんブーム。
我が母校の近くにある『知味観』さんにお邪魔してきました。
この店で19才の時に柔麺の皿うどんを食べて、
その旨さに目覚めました。
まさに原点。





続きを読む >>
『餃子・中国酒菜 胡坊』にて上品皿うどんを食す

My皿うどんブームの到来です。
好んで食べるのは、
チャンポン麺にたっぷりスープを吸わせた柔麺タイプ。
パリパリタイプも捨てがたいですが、
もっちり麺に惹かれてしまう。


 

お邪魔したのが舞鶴にある『胡坊』さんです。
大木戸さんの近くで、
以前から気になっていたお店の一つ。


続きを読む >>
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ