製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 行ってきました! 「一風堂」四季のラーメン | main | 『博多 あかちょこべ』の“冷やかけ”にぞっこん >>
『うどん処 松島』のうどんは刀削麺風?
 


ごく個人的なうどんブームの到来です。
うどんって麺類の中でも特にヘルシーなイメージがあります。
少々腹回りが気になってきたため、
うどんを食べてダイエットしようかな、と。
というわけで最近は兎にも角にもうどんなのです。

さて、本日紹介するのは『うどん処 松島』さん。
プロダクトデザイナーである友人Iくんのイチオシうどんです。


店は地下鉄赤坂駅から少し歩いた路地裏にあります。
大きな提灯から風情を感じますね。

さっそく中へ。


戸を開き、店内を見渡してみる。
それほど広くはないものの、
清潔感があり、どこか凛とした空気が漂っています。
すぐに美味しそうな料理に出会えそうな予感がしました。

茹で釜と麺打ちスペースが中央にあり、
その周りをカウンター席が囲んでいます。 
友人によると「ごぼうとじ」が美味いらしいのですが、
メニューをどれだけみてもその文字が見当たらない。
「たまごとじ」うどんがあったので、
もしかしたらゴボウが入ってるのかな、
と思ってとりあえず頼んでみる。

▼やってきました、うどん様

黄色と緑のコントラストが美しいですね。
が、やはりごぼうの姿はない。
聞き間違ったのかな。

気を取り直してまずはスメを一口。
特に突出した素材の味は感じませんが、
塩分濃度は抑えめで、やさしい味わいです。


麺が非常に個性的です。
平べったいものもあれば、分厚いものもある。
中には向こう側が透けて見えそうなほど薄いものも。
第一印象はまるで刀削麺のようでした。
分厚いものはもっちりとした食感、
薄いものはちゅるりんとした口当たりというように、
異なる食感が一度に楽しめます。
いやー、面白い。
いつもこんなにランダムなのかな。
気になる。

麺をしっかり堪能し、店を出る。
後日友人に尋ねてみると、
「ごぼうとじ」とは裏メニュー的な存在で、
店内にはメニュー名は載っていないとのこと。

次回はごぼうとじ狙いで伺います。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『うどん処 松島』
住所 福岡市中央区赤坂1-11-5
電話 092-712-1692
営業 昼のみ?
休み 不明
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/312
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ