製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 『支那そば屋』 エレガントな金色スープに満悦 | main | 8.12オープン『土竜が俺を呼んでいる』 なんと大根入りの一杯! >>
『中華屋台 潤』 担々麺ならココで決まり

先日、福岡きっての担々麺の名店「中華屋台 潤」さんに
出掛けてきました。


お店があるのは「ラーメン暖暮」さんの並びです。
少し前に新店もオープンしていて、
ちょっとしたラーメン激戦区化しています。

さっそく中へ入ってみましょう。



店内はカウンターのみ。
7、8席ほどで、厨房に立っていたのは若い男性でした。
昔は確か親父さんが厨房に立っていたような。
夜の時間帯だけ息子さんがされているのかな。


メニューには、担々麺のほか、中華そばの文字も。
次回は中華そばをレポートしましょう。


ころりとしたおにぎりをほおばりながら、
麺を待つこと数分。

▼おでまし、担々麺さま
 

レタス、カイワレが添えられていて、
見た目がとっても上品です。
シャキッとした食感がアクセントとしても大活躍。

スープは鶏ガラがベースのようですね。
しっかりダシがとれていてなかなかパワフルです。
ゴマの塩梅も絶妙。辛さは控えめです。

上に盛られたミンチからでたジューシーなうま味が、
さらにスープを奥深いものへ。
丼の底には干しエビがいっぱい。
このエビの風味が後引く旨さを演出しております。
太平燕などでおなじみの揚げ玉子が入っているのも特徴の一つ。
これがなかなか美味いんですよ。


もう一つの特徴を挙げるとすると、
やはりこの中細の縮れ麺でしょう。
もっちり、チュルンとした弾力があります。
担々麺でこういうタイプの麺を採用しているのは珍しいですよね。

さすがの一杯。
大満足でした。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『中華屋台 潤』
住所 福岡市早良区西新1-11-21
電話 092-851-9692
時間 11:30〜21:00、土祝は〜20:30
定休 日・月曜

JUGEMテーマ:グルメ
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ