製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『うどん平』 行列のできるうどん店の謎に勝手に迫る | main | 『Thanks Giving Day』で技アリ!パスタを食す >>
本日開店『ラーメン海鳴』でとんこつ魚介麺
 

11/4オープンの『ラーメン海鳴』さんにお邪魔してきました!
ご主人の大久保さんは『博多元助』のご出身。
(ブログによると凪の生田さんの元でも修行を積まれたようです)
今日は吉村さんもお店にいらっしゃいました。
デイトス店のオープン、西新への出店、
勢いがありますね!


どこに店があるかというと、、


清川にある「三光園」の向いです。


開店祝いのお花もいっぱい届いていました。
この写真は退店後に撮影したものですが、
13時ごろにも関わらず10名ほど並んでいました。
決してアクセスが良いとは言えない立地なのにすごい!



許可をもらって、メニューをパシャリ。
ラーメンはとんこつ、魚介とんこつの2本柱です。
今日は魚介の方をチョイスしました。

▼おでまし、魚介とんこつさま

トッピングはタレが染みたチャーシューと白ネギが基本です。
チャーシューは提供直前に軽く炙っているのかな。
とても美味しかったです。

さて、スープですが、
元助ゆずりのパワフルな豚骨ダシが柱。
豚の旨みがギュギュッと凝縮していて、
丸みのある甘みが際だっています。
ややとろみがあり、口当たりも良いですね。
これに魚粉ではなく、魚介ダシをブレンド。
魚介のエッジがしっかり効いていて、
明快な旨さに仕上がっています。


中太麺はデフォルトだと気持ち柔らかめ。
優しいスープの印象とマッチしていました。


角がたった角麺です。
濃厚なスープをしっかりまとってくれます。

スープまで完食すると、
底にやや随が残りました。
なかなかの食べ応えです。

オープン初日にしてかなりの完成度。
ハイレベルな新店でした。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『ラーメン海鳴』
住所 福岡市中央区清川1-2-8-1F 角号
電話 092-524-0744
営業 未確認
店休 未確認

JUGEMテーマ:ラーメン
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/393
TRACKBACK
○その一杯が食べたく...
インフレ化? | HENO HENO | 2009/11/04 23:36
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ