製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『古流さぬきうどん むら』でワイドな麺にびっくり | main | 『満月』 見た目は美女、噛めばマッチョ >>
『チャイナダイニング劉』 美白麺が心にジャストミート

HENOさん、みおせるさんが立て続けにブログにUPしていた、
『チャイナダイニング劉』さんへ。
事務所から近いし、これは行ってみるしかないでしょ!


なかなか期待できそうな佇まい。
「手打ち麺の牛肉スープラーメン」は新メニューらしく、
入口の赤い看板に書かれていました。



ノーマークだったのが恥ずかしい。。
なかなかの人気店のようで、12:40ごろに来店しましたが、ほぼ満席。
それからは入れ替わり立ち替わりお客さんが来店してました。

 

牛肉麺以外で気になったのは海鮮焼きそばかな。
これは今度食べてみることにしよう。


先にやってきたサラダを食べていると、
ご飯&唐揚げもおでまし。


山椒が程よく効いた唐揚げ、かなりイケます。
期待が高まりますね。

入口そばで着々とできあがっている麺を眺めつつ、
しばし待つ。席から遠かったのが悔やまれる。
間近でじっくり堪能したかったなあ。

▼登場、手打ち麺の牛肉スープラーメン

 

透き通るスープ、白い麺、ダイス状の牛肉&大根、
なんとも見た目が美しい。
ネギの緑が一際映えますね。
スープはかなりあっさり、すっきり。
塩は必要最低限に抑えてあります。
牛の旨みがじんわり、しっかりと染みてきます。
丸みのあるスープでした。


そして、麺。とてもキレイですよね。
直径は4mmほどで、もっちりとした食感が特徴。
一本一本が長く、表面はつるつる。
啜ると唇に心地よい快感が伝わってきます。
スープ同様、作り手の優しさが感じられる仕上がりでした。


店主と思われる男性から「辛いの好きなら入れてみて」と
差し出されたラー油。
半分くらい食べた頃にちょっと投入してみると、
すごく辛くなりました。
味付けがシンプルな分、辛さもダイレクト。
辛さだけが際だってしまったため(明らかに分量間違えました…)、
卓上にあった香醋をおもむろに入れてみる。
これが絶妙!素晴らしく美味な味わいになりました。
お好きな方は試してみてください。

今度は焼きそばだ!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『チャイナダイニング劉』
住所 福岡市中央区薬院3-15-11
電話 092-210-5218
営業 11:30〜14:00、17:30〜翌1:00
定休 不定

JUGEMテーマ:グルメ


COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/477
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ