製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『こむらさき本店』 贅を尽くしたチャーシューメン | main | 『川端どさんこ』 チャーハンは今日も旨かった >>
『いっぷくラーメン』 創作ラーメンの雄の本気を垣間見る
 ☆_0019289.jpg

こむらさき本店』さんを後にし、
数件、飲食以外の取材を済ませる。
この日の最期の取材となったのが「いっぷくラーメン」さんでした。

☆_0019295.jpg

豚骨ラーメンの街・熊本において、
基本の熊本ラーメンを提供しつつも、
常に創作魂を持ち、新しい一杯を提供し続けています。
まさに創作ラーメンのパイオニアです。

☆_0019293.jpg

名物といえば、こちらの豚醤麺です。
簡単に表現するなら豚骨醤油ラーメン。
ベースとなる豚骨スープの持ち味を生かしつつ、
甘辛い醤油によって旨さを引き立たせています。

が、もう一つ、紹介したい一杯があるのです。


その前にメニューをご紹介。
☆_0019287.jpg☆_0019285.jpg
☆_0019286.jpg☆_0019288.jpg

うーん、つけ麺が気になります。
新食感かあ。辛肉味噌かあ。一杯600円かあ。惹かれるなあ。

☆_0019284.jpg

ご紹介したい一杯とは、つけ麺ではなく、
こちらの「山・マー・醤 麺」です。
山盛りでマー油と醤油が効いた麺、とのこと。

▼ということで、 「山・マー・醤 麺」さま
☆_0019291.jpg

ワイルド&ジャンキー!
500gはあろうかという大盛りの野菜。
てっぺんにニンニク&ニンニクの芽がのっているのが特徴。
煮玉子、大ぶりのチャーシュー、海苔が添えられています。
左奥にかかっているのが特製のマー油です。

茶褐色のスープは醤油を効かせた豚骨がベース。
マー油による苦みとコク、野菜の旨みも加わり、
濃密な旨みが凝縮しています。
背脂がジャンキーな印象をさらに引き立たせています。

☆_0019292.jpg

極太の玉子麺はモチモチ感が際だっています。
表面にはややざらつきがあり、
ごわごわとした力強い麺です。
大きな口を開けて脇目もふらずにかき込みました。

夕方以降の限定メニュー。
やはり中毒性がありますね、今、食べたいです。

おごちそうさまでした!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『いっぷくラーメン』
住所 熊本県熊本市田迎町田井島221-1
電話 096-378-7934
営業 11:00〜翌1:00(OS24:30)※平日は16:00〜18:00がクローズ
定休 不定

JUGEMテーマ:ラーメン
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/511
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ