製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『島系本店 舞鶴店』 新つけ麺は自家製麺がキモ! | main | 6.2オープン!『一香軒』のラーメン2種を食べ比べ >>
『博多塩らあめん えん舞 中洲店』 まさに至高の塩らあめん
 ☆_0019407.jpg

ばたばたしていて5日も寝かせてしまいました。。
さて、5月上旬に『まるきゅうらあめん』が店名を変え、
リニューアルオープンした『博多塩らあめん えん舞』さんへ。

☆_0019410.jpg

足を運んだのは中洲店のほうです。
入口には店名を変えたいきさつ、
店主の思いが綴られております。
ぜひごらんください。

さて、塩らあめん、つけ麺、どっちにすべきか。
ちょっと迷いましたが、卵かけご飯にもひかれ、
塩らあめんとのセットにしました。

先にこちらが玉子かけご飯です。
☆_0019405.jpg

きざみチャーシューが盛られた豪華な仕上がり。
純粋に玉子かけご飯で美味いのですが、
やはり肉が入ると旨さが増しますね。
お替わりしたいくらい。

▼おでまし、塩らあめんさま
☆_0019407.jpg

透き通るスープが美麗なり。
華やかな博多華味鶏のダシの旨み、
塩の優しさが染み渡ります。
水炊きの製法で煮出したスープには雑味がなく、
飲み口はさっぱり。後味もいい。
塩はモンゴルとアンデスの岩塩をブレンドしているそう。
まさに滋味ですね。

☆_0019409.jpg

細ストレートの麺は茹で具合ばっちり。

丁寧に味付けされた炙りチャーシューがニクイ存在。
メンマ、海苔、ネギというトッピングもバランスがいい。

そう、1杯あたり400kcalだそうです。
これは女性ならずとも興味をそそられる数字ですね。

今度はつけ麺狙いで決定。
おごちそうさまでした!



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『博多塩らあめん えん舞 中洲店』
住所 福岡市中央区中洲3-7-33
電話 092-281-1509
営業 11:00〜翌3:00
定休 不定


JUGEMテーマ:ラーメン
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/519
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ