製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『中華そば郷家 天神店』 つけ麺を食べてコンプリート | main | 『博多 あかちょこべ』 ハイカラ狸の冷やしぶっかけ >>
『酒菜厨房 CHINA STYLE』 技アリの黒ごまラー油
☆_0019445.jpg

うっかりUPし損なってました。。
一週間くらい前?にお邪魔した
『酒菜厨房 CHINA STYLE』 さんをご紹介します。

☆_0019451.jpg

お店があるのは大手門。ファサードがオシャレです。
店主は聘珍樓さんで長年腕を磨かれたと知人から伺いました。
本格の味がカジュアルに、スタイリッシュに頂けるとのこと。
この日はランチに登場する担々麺狙いです。


☆_0019442.jpg

オリジナル黒ごまラー油、うーん、そそる響き。
40種類以上の調味料を練りこんだゴマ味噌、
黒ごまを使った深炒りのラー油が決め手です。
ライスセットで頂きました。

▼こちらが担々麺さま
☆_0019445.jpg

麺だけUPでドン。
☆_0019444.jpg

ゴマの香ばしい香りが一気に食欲をかきたてる。
スープをひとすくいすれば、ふわりと辛そうな香り。
口当たりが滑らかなスープは、コクがあって、
それでいてしつこさはない。切れ味があります。
かなり好みの味わいです。
デフォルトだとそれほど辛さは際だっていません。
次回は+50円で少し辛くしてみようかな。
黒ごまラー油のおかげで、
スープが奥深く仕上がっています。
底には干しエビも沈んでいましたよ。

☆_0019449.jpg

中細の縮れ麺はスープとの絡みが抜群。
見ての通り、黒ごまもしっかりまとってきます。
ミンチの味付けも良かったなあ。

☆_0019450.jpg

ご飯を食べているとザーサイが食べたくなり、追加。
+50円ですが、こちらも美味かった。

おごちそうさまでした!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『酒菜厨房 CHINA STYLE』
電話 092-725-1010
住所 福岡市中央区大手門2-1-10
営業 11:30〜14:30(LO14:00)、18:00〜23:00(LO22:30)
定休 日曜

JUGEMテーマ:グルメ
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/524
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ