製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『中華料理 永楽苑』 長崎といえばチャンポンですが・・・ | main | 『大木戸』 チャーシュー×うどんの素敵なタッグ >>
『博多 喜庵』 蕎麦と日本酒でちょっと小粋な昼下がり
 ☆_0019741.jpg

蕎麦屋で一杯ひっかける。
嗚呼、大人になったなあ、などと感じる瞬間です。
昼酒だったりすると旨さも格別です。

crossFM「モーニングゲート」のナビゲーターも務める
我が社の代表・元木に連れられ、『喜庵』さんにお邪魔しました。

☆_0019745.jpg

お店があるのは、地下鉄・赤坂駅から警固方面に向かった場所。
大正通りの裏通り沿いです。
大阪の名店「喜庵」で腕を磨いた店主の蕎麦が、
6月いっぱいランチ500円(ざる蕎麦+いなりのセット)で頂けます。
ありがたや、ありがたや。



☆_0019746.jpg

蕎麦はこんな感じ。
まずは一品料理をあてにしてビールで乾杯。
だしまき玉子、美味い!

☆_0019735.jpg

盛り合わせにはイカの塩辛、ニシンの甘辛煮、
鴨肉のローストなどがのって500円。

☆_0019737.jpg

鴨を抜きで注文。夜限定のようですが、
快く対応していただけました。 
旨みが凝縮した汁をあてにして飲む辛口の日本酒の美味いこと、美味いこと。
4種を飲み比べて2人ともほろ酔いになったところで、
ぼちぼち蕎麦でも食べようということに。

元木は天とじ蕎麦と親子丼のセットを。
僕は500円のお得なざる蕎麦セットにしました。

☆_0019740.jpg

先に天とじ蕎麦がやってくる。
温そばも美味そうだったなあ。

▼そうこうしていると、やってきましたざる蕎麦さま
☆_0019744.jpg

どれほどのものが来るのかと思っていると、
500円とは思えないクオリティ。
これにいなりが2個付くんですから、
ちょっとお得すぎて申し訳ない・・・

つゆはきりりとした辛口。
カツオのダシがしっかり効いていました。
ほどよく蕎麦の香りが薫る麺をちょろりと沈めて、
一気に啜り上げる。
美しい直線がもたらす甘美な刺激が唇を楽しませてくれます。

最後はそば湯を頂き、体を温める。
しっかり満喫させていただきました。

おごちそうさまでした!



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
『博多 喜庵』
住所 福岡市中央区赤坂1-5-11-1F
電話 092-724-7573
営業 11:30〜16:00、18:00〜21:00
定休 日、祝

JUGEMテーマ:グルメ
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/532
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ