製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ぴかまつ』 名店のスピリッツ、確かに受け継がれる | main | イベント、展示会のお知らせです >>
『麺篤屋』 超こってりが最近ツラくなった諸兄へ
 ☆_0020670.jpg

さて、『ぴかまつ』さんのレポートで1日遅れとなってしまいましたが、
昨日の昼、『麺篤屋』さんにお邪魔してきました。

☆_0020674.jpg

あれ、看板は麺篤が平仮名になってる。
どっちが正しいのかな。
場所は那の川の四つ角近くです。
店の前に駐車スペースもありますよ。


☆_0020667.jpg
☆_0020668.jpg

メニューはこんな感じ。
チャーハンセットのお得ぶりが際立ってますね。
普通は餃子+ライスの方が安いんですけど。
あと、単品のラーメンがワンコインなのが嬉しい。
替玉は80円!普通は100円以上はしますよね。
替玉を5回すれば1回分お得ですよ。

オーダーはデフォルトのラーメンをチャーハンセットで。
先にチャーハンがやってきた。
☆_0020669.jpg

+150円だったので、正直、あんまり期待してなかったんですが、
土下座したいくらい良くできたチャーハン。
塩味は抑えめで、比較的さっぱりと仕上げられています。
油の香りが香ばしく、すいすいと胃袋に吸い込まれていきました。
量的にも十分。次回も注文しちゃいそうです。

▼おでまし、ラーメンさま
☆_0020671.jpg

泡が丼の表面を覆っている白濁系の豚骨ラーメン。
泡の感じは一幸舎さんに通じるものがありますね。
スープを一口飲むと確信。これは美味い。
さらりとした口当たりで、かなり濃度は高め。
豚の旨味が濃縮されています。
表面にはラードに加えて背脂が少々。
明快に旨さを伝える濃厚スープに思わず目尻が下がること請け合い。
特筆すべきは後味の良さ。
これだけしっかりパンチが効いているのに、
なぜだか不思議と重すぎない。
最近コッテリ濃厚がキツい方々にも楽しんで頂けるのでは?

☆_0020673.jpg

あとは、麺が抜群に美味い。
「美味い」っていうと完全に主観ですが、
この日の麺は誰が食べても違いが分かるレベル。別格です。
(※もちろん日によって出来、不出来はあるかもしれません)
表面はつるんとしていて、唇に甘美な感触が伝わってきます。
湯で具合が絶妙で、細麺ながらちゃんとコシがある。
来店するきっかけになったのが、
最近UPされていた福岡博多ラーメン食記なのですが、
2回の替玉、納得です。

ベースとなるラーメンがこれだけ完成度が高いと、
自ずと別のメニューにも食指が動きます。
今度は何食べよう。

おごちそうさまでした!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『麺篤屋』(めんとくや)
住所 福岡市中央区高砂2-11-5
電話 092-524-4147
営業 11:30〜16:30、19:00〜23:00
店休 不定

JUGEMテーマ:ラーメン
「ここ行きましょう」の1件目だったせいもあり、
夕方の開店45分前に到着して開いてませんでした。。
次こそは食ってみせる!
だーいし | 2010/08/15 02:12
1軒目に設定したのが全てものはじまり。
残念やったねえ。
ストレートの細麺がよくできているので、
ぜひぜひ替玉チャレンジしてくださいませ。
山田 | 2010/08/17 09:41
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/555
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ