製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『博多 一風堂 西通り店』 ラー麦麺はツルツル、しこしこ | main | 『爽風亭』 マー油たっぷりの黒ラーメンを賞味 >>
『手打ちそば 両国 』ちょっとリッチにあなご蕎麦を食す
☆_0020640.jpg

毎日暑い。とにかく暑い。
そんな時はひんやり冷たいそば。

☆_0020645.jpg

今回ご紹介するのが『手打ちそば 両国』さんです。
大丸さんの通り向かい、ビルの一室に店を構えています。



☆_0020638.jpg

まずはメニューをご覧あれ。
温かいそばは570円から。ざるは740円から1580円まで。
おろしそばにでもしようと思っていたら、、

☆_0020639.jpg

ん、新メニューですか。
穴子好きとしてはちょっと気になる。。
否、相当気になる。

▼おでまし、あなごそば
☆_0020642.jpg

結局、あなごそばを冷でオーダーしました。

☆_0020640.jpg

穴子天かと勝手に思っていたら、
ふっくらと蒸し上げたものでした。
一口食べると、こればべらぼうに旨味。
口溶けがいい、と表現したくなるくらい、
身がやわらかく、舌の上で溶けるよう。
ダシは最低限に抑えてあり、
すっきりと甘く、後を引きます。

☆_0020643.jpg

そばは3mmほどの太さで、
麺のところどころに黒い斑点が見えます。
ひょいと持ち上げ、つゆに付けずにそのまま口へ。
そばの風味はそれほど強くなく、
上品な印象を受けました。
つゆはやや辛め。甘たらしくなく、
すっきりとしています。
久しぶりにちゃんとしたそばを食べたもので、
舌の方が追いついていない感じ。。。
純粋に旨かったです。

最後はそば湯を頂き、完食。
あなご、本当に旨かったです。
なんか寿司が食べたくなりました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『手打ちそば 両国 』
住所 福岡市中央区渡辺通5-24-37 天神第5レジデンス江崎2F
電話 092-713−6821
営業 11:30〜15:00、17:30〜21:00(OS20:30)
店休 月曜

JUGEMテーマ:グルメ 
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/561
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ