製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『大名ちんちん』 ひんやり冷たいサンラー麺でクールダウン | main | 『呑龍』 屋台ラーメン、侮るべからず。 >>
『中華そば 鶴と亀』 白濁鶏ガラスープのまろやか麺を食す
 ☆_0021450.jpg

遅ればせながら、
ようやく『中華そば 鶴と亀』に行ってきました。
豚骨のメッカ・博多において、
鶏ガラベースのスープで勝負。
7月にオープンしたばかりですが、
あちらこちらのブロガーさんたちからも評価は高いようですね。

☆_0021458.jpg

花札を思わせる?赤と黒の外観が目印です。

☆_0021456.jpg

正面からはこんな感じ。
2Fにも席がありますよ。


☆_0021454.jpg

中華そばを筆頭に、
じゃーじゃー麺、担々麺など多彩な麺メニューが揃っています。
オーダーしたのは、白濁スープの一杯です。

▼おでまし、博多発祥中華そば
☆_0021451.jpg

まろやかな鶏白湯スープがいいですね。
鶏ガラのやさしい味わいが沁みる一杯です。
ラードはしっかり抑えられているので、
食べ進めてももたれません。
最後までおいしくいただけます。
トッピングがユニーク。
プチトマトがのっていました。

☆_0021453.jpg

麺は中細ストレート。
もちっとした食感が楽しめました。
替玉は100円でOKです。
ベースのスープがしっかりしていたので、
ほかの麺も期待できそうですね。
次は担々麺を狙ってみます!

おごちそうさまでした。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『中華そば 鶴と亀』
住所 福岡市中央区高砂1-12-2
電話 092-531-5577
営業 11:00〜21:00(金・土曜は〜24:00)
店休 日曜、祝日

JUGEMテーマ:ラーメン
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/567
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ