製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『ぴかまつ』 やっぱり皿うどんに流れてしまう | main | 『六壱○麺』 派手さを抑えたつけ麺にほっこり >>
『中華そば 鶴と亀』 ベース旨けりゃ、皆旨い!?
 ★_0021767.jpg

こちらも前回からあまり日が経ってないですね。
中華そば 鶴と亀』さんにお邪魔してきましたよ。
前回食べた博多発祥中華そば。
ベースの鶏ガラスープの旨さに膝を打ち、
他のメニューも期待できそう、と思った次第です。




★_0021763.jpg 

お目当ては担々麺です。
まだまだ暑いんで、辛い料理が恋しくなったのですよ。

★_0021762.jpg

スタッフさんにサジェストされたランチ。
なるほどお得です。

★_0021766.jpg

ついついチャーハンをオーダー。
炒め具合が絶妙。
ほのかに汁気を帯びていて、
味付けは濃からず、薄からず。好みの味でした。

▼おでまし、担々麺さま
★_0021765.jpg

盛りつけがキレイですね。
中央にあるミンチはパンチがあって、辛さはそこそこ。
鶏ガラスープにゴマの風味が溶け出し、
まろやかで、後味がいい。
とても良いバランスに仕上がっています。

★_0021768.jpg

ゴマそのものの香ばしさもアクセントに。
酸味が結構効いているのも特徴でしょう。
酢の味自体好きなので、実に好みな味わいです。
近場で食べる担々麺の中では一つ頭抜けたかも。

★_0021769.jpg

麺は中細ストレート。
プリッとした食感が心地よい。
加水は標準からやや低めくらいで、
わしわしと食べられる感じが良かったです。

★_0021773.jpg

卓上には無料で頂ける食べるラー油が!
これ、タダでいいんですか?と言いたくなるクオリティ。
至れり尽くせりですね。

おごちそうさまでした!
次は、、、肉にらそば!?


 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『中華そば 鶴と亀』
住所 福岡市中央区高砂1-12-2
電話 092-531-5577
営業 11:00〜21:00(金・土曜は〜24:00)
店休 日曜、祝日

JUGEMテーマ:ラーメン
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/582
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ