製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12.15オープンの新店『ラーメン仮面55』 へ | main | 時間の経過を忘れさせる『来々軒』の一杯 >>
『中華そば 鶴と亀』 インパクト大!水炊きラーメン
★_0023485.jpg

博多の名物といえばラーメン、もつ鍋、明太子などが
思い浮かびます。
水炊きもその一つです。
ラーメンと水炊きが一つになったら・・・
そんなラーメンが『中華そば 鶴と亀』さんで食べられます。

★_0023482.jpg

これです。毎月創作ラーメンを提供していて、
12月がこの水炊きラーメン。
店長さん曰く、すごく出ているそうで、
1月も継続して提供するかも、とのこと。
期待が高まります。


★_0023480.jpg

ちなみに数に限りがあるそうです。
自家製ポン酢付き?ポン酢を「入れる」ではなく「つける」??
その謎はすぐに明らかに。

▼おでまし、水炊きラーメンさま
★_0023488.jpg

なるほど、別皿でポン酢&柚子胡椒を提供するんですね。

★_0023485.jpg

まずはラーメン。
スープはこちらと同じものがベースになっています。

鶏ナンコツと紫蘇が入ったつくね、
★_0023489.jpg

白菜の甘みが加わり、
濃厚で、ぽってりとした甘さが際立った一杯に。
このスープがうまい。
まろやかで、口当たりよし。
このまま食べても旨いのですが、

★_0023486.jpg

そう、自家製ポン酢があります。
★_0023491.jpg

麺をこんな感じでつけて食べたり、
つくね、白菜をつけて食べたり。
酸味が加わることで新たな味に出会えます。
本当に良く合うんです。
つけ麺ではない独特なスタイル。
鍋感覚のラーメンに脱帽でした。

おごちそうさまでした!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『中華そば 鶴と亀』
住所 福岡市中央区高砂1-12-2
電話 092-531-5577
営業 11:00〜21:00(金・土曜は〜24:00)
店休 日曜、祝日

JUGEMテーマ:ラーメン
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/639
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ