製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『餃子飯店』 鶏とネギの旨味がギュギュッと | main | 『博多元助 天神西通り店』 本能のおもむくままに >>
『宝来軒 戸次店』 迷わず行けよ、食えばわかるさ。
s_0021703.jpg

四郎ヶ浜ドライブイン』とどっちが多いだろう。
大盛リストなら一度は食べておきたい、
いや、挑戦しておきたい一杯が『宝来軒 戸次店』にあります。
そびえ立つ野菜の山、ド迫力のチャンポンです。

s_0021700.jpg

開業したのは昭和45年。
中津にルーツを持つ宝来軒ですが、
こちらのお店は独自の歩みをしてきた、と聞きました。

sa_0021702.jpg

はじめに言っておきますが、
中盛、大盛になると一気に量がふくれあがるのです。
特製チャンポンには中盛、大盛はありませんが、
自動的に大盛り仕様になっております。

▼ということで、特製チャンポン
s_0021703.jpg

野菜だけで400gものボリュームです。

s_0021705.jpg

横から見るとこんな感じ。
富士山を彷彿させる左右対称の美しいシルエットです。
丼の水面から山頂?まで9、10cmくらいでしょうか。

スープは豚頭骨をベースに、鶏ガラや牛骨も加えてとっています。
店の横に大きなスープ釜があり、そちらで仕込んでいるそうです。
この力強いスープに400gもの野菜から出たうま味が加わり、
豊かな味わいになっております。

このチャンポンには店主の人柄があらわれています。
というのももともとはこんなに大盛りではなかったそうで、
テレビや雑誌に紹介され、
お客さんが喜んでくれるのを見るたびに、
少しずつ量を増やしてきたと聞きました。
見れば厨房ではとてもやさしそうな店主が鍋を振るっている。
なんだか嬉しくなりました。

s_0021706.jpg

ようやく麺に辿り着くと中太麺がこんにちは。
さすがのボリューム感です。

s_0021709.jpg

さて、

s_0021707.jpg

こちらのチャーシューメンは中盛です。
こちらもかなりの重量感。
麺は200gくらいあったような。
今度はラーメンの大盛りが食べてみたいな。

おごちそうさまでした!



『宝来軒 戸次店』
住所 大分市中戸次1261-68
電話 097-597-2278
営業 11:00〜20:00
店休 月曜

またまた更新待ってましたー!
すんごいですねこのちゃんぽん!

麺までたどりつけませんよね・・
あまりのボリューミーさにコメせずにはいられませんでした(笑)
ブログがとっても見やすくて、清潔感(?)があって、毎回楽しみにしています☆

田中 | 2011/05/30 14:26
田中さま

いつもありがとうございます!
ココのチャンポンは本当にすごかったです。
圧巻の一言ですね。
2人で一杯でも十分だと思います。

レイアウトがすっきりしているからですかね。
これかも精進します。
山田 | 2011/06/01 14:51
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/687
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ