製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『麺屋 光喜』 大関300gで見事にうっちゃられた | main | 『上海モンナリーサ』 主役を食う、そんな一杯 >>
『麺場 元次』 鶏は使いながらも博多の味
 a_0025298.jpg

遅ればせながら、やっと行けました。
『麺場 元次』さんの店主はonoグループの出身だそうですね。
食べる前から期待が高まります。

a_0025303.jpg

白い提灯って珍しい気がするなあ。
赤や黄色じゃないのに、すごく目立つ。


a_0025296.jpg a_0025295.jpg

ランチメニューはこんな感じです。
セットものはとってもお得ですね。
せっかくなので、白飯以外のものにしようということに。

▼登場、ラーメンさま
a_0025298.jpg

ラーメンは看板でもある鶏豚骨めんを選びました。
福岡でも鶏ガラを少しブレンドしているお店がありますが、
しっかり鶏をアピールしているお店は少ないですよね。
それだけ鶏に対する思い入れが強いのでしょう。

スープはまろやか。
豚と鶏のぽってりとした甘さが後を引きます。
印象としては断然、鶏の方が強いかな。
余韻に豚の風味が残るような印象を受けました。
口当たりはライトで、
女性にも支持されそうな味わいです。

a_0025299.jpg

通常のチャーシューに加え、
炙ってあるダイス状のチャーシューも。
この香ばしさが絶妙なアクセントになっています。

s_0025301.jpg

麺は細ストレート。
これでちぢれだとかなり個性的になりますが、
細ストレートを使うことによって、
博多のラーメンのレール上にしっかり乗っている
ような気がしました。
うん、鶏ガラを使いながらも、
やはり博多のラーメン。

a_0025302.jpg

ご飯ものはかつお玉かけ飯にしました。
これがなかなかボリューミー。
しっかり腹一杯になりますね。
まちがいのない味です。

替え玉に行き着かずでしたので、
次回は麺を優先して楽しみたい。

おごちそうさまでした!



『麺場 元次』
住所 福岡市中央区薬院4−2−12
電話 092(521)7771
営業 11:30〜14:30、17:30〜23:00
   (売切れ次第終了)
定休 火曜

ここも行ってみたいお店のひとつです〜
最近ラーメンご無沙汰なんで、とびきりに普通のラーメンが食べたい!


「普通」の一杯が食べたいんです。わかります?
「普通」の博多ラーメンが恋しいです(^^)
バリカタで!
田中 | 2011/06/24 14:52
田中さま

いつもありがとうございます!
普通の一杯、となると、
やっぱり正統派のトンコツラーメンですかね。
僕も無性に原点に帰りたくなる瞬間がありますねえ。
僕の中で、冨ちゃん、ふくちゃん、
未羅来留亭、名島亭あたりは手堅いです。
山田 | 2011/06/26 11:36
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/698
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ