製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『あづまラーメン』 奇をてらわないってこういうこと | main | 『麺場 元次』 鶏は使いながらも博多の味 >>
『麺屋 光喜』 大関300gで見事にうっちゃられた
 a_0025576.jpg

ちょっと時間が経ってしまいましたが、
5月31日にオープンした『麺屋 光喜』さんにお邪魔してきました。

a_0025583.jpg

お店の場所は大名です。
カウンターのみでぼくが来店した時には
1席を残して埋まっていました。
ということで空いていた一番奥の席にピットイン。


▼メニューはこんな感じ。
a_0025571.jpg

つけ麺専門店です。
大きく2種類あり、ノーマルなつけ麺と、
ピリ辛仕様の一杯。
麺の量は大関と名付けられた300gまでは無料でOKで、
500gの横綱、700gの理事長と有料で増やせます。

a_0025572.jpg

大まかな説明はこちらをご覧ください。

詳しいことはきちんと取材されているコチラ
チェックすると良く分かります。

▼おでまし、つけ麺さま
a_0025576.jpg

麺は300gにしました。

a_0025577.jpg

a_0025578.jpg

タピオカ入りという麺は、
しなやかで、力強い歯ごたえ。
噛み締めるほどに旨味が広がります。

a_0025579.jpg

つけダレは濃厚白湯と魚介のダブルスープ。
白湯ってことは鶏だけなのかな。
ファーストインプレッションは、そこそこ甘め。
それぞれのダシの甘みに、

s_0025581.jpg

このバラ軟骨チャーシューから染みだした
旨味が合わさっております。
基本、甘い系は好きなので、個人的には満足。

麺をくぐらせるととろみのあるつけダレがよく絡み、
心地よさに酔いしれることしばし。

a_0025574.jpg

お酢を加えて楽しむのも一興です。

それにしても300gはなかなかのボリュームですね。
お腹がパンパンになりました。
満腹、満足。



『麺屋 光喜』
住所 福岡市中央区大名1-4-12
電話 092-725-0090
営業 11時30分〜15時、17時〜21時
定休 火曜 
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/704
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ