製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ラーメン小金太』 改めて楽しむ鹿児島の味 | main | 麺以外のアレコレはこちらから。 >>
『里味庵』 生半可な追求度にあらず。
a_0025338.jpg

先日、取材で佐賀県・七山村の山奥に行ってきました。
目指したのは、一軒のそば屋です。

到着したのが、『里味庵』さん。
遥か昔、別の情報誌の仕事で伺ったことがありました。
それからえらく時間が経ってしまいました。

a_0025341.jpg

こんな素敵な縁側があり、

a_0025333.jpg

店内からは穏やかな山々の景色を愛でることができます。
本当に素晴らしいロケーションです。


a_0025337.jpg

注文したのはそばがきのセット。
ちなみにこちらのご主人、昔、粉ものの研究をされていたそうで、
小麦に対する知識は驚くほどでした。
熊本・天和の大将ももと製粉会社で研究されていたという経歴の持ち主ですが、
その話を少ししてみると、
どんどんマニアックな知識が溢れ出てくる!笑
いやー、また話を伺いに行きたい。

▼登場、 十割手打ちそばさま
a_0025352.jpg

すぐに食べてね、と店主。
写真をパッととり、急いで、ただし慎重に、
そのままを味わってみる。
これが言葉にするとチープですが、
本当にそばの香りが違うからびっくり。
みずみずしく、官能的。

a_0025353.jpg

キリリと返しが立ったつゆに1/3を浸し、
脇目も振らずに啜る、啜る、啜る。
30分味が続くんじゃないかと思うほどそばの甘みあり。
もはや、快感です。
ちなみにそばは生産者を限定し、
ご自身で納得のいく蕎麦の実を送って育ててもらっているとのこと。
そんな情熱がこのそばを支えているんですね。

a_0025355.jpg

そしてそばがきもまた美味い。
しっとりした生地を箸で割って、口元へ。
鼻に抜けるそばの風味が心地よく、
思わず目を閉じてしまいました。

a_0025346.jpg

これはそばあげという一品。
こっちはそばの香ばしさが際立っています。
醤油につけながら食べるのですが、
箸を持つ手がとまらない。
外側はややさっくりしていて、中はしっとり。
本気でお替わりしたくなりました。

たまにはそばも良いですね。
おごちそうさまでした!!



『里味庵』
住所 佐賀県唐津市七山白木414
電話 0955-58-2261
営業  10:00〜20:00
休日 不定

COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/731
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ