製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『麺鮮醤油房 周平』 醤油がすこぶる旨い無化調ラーメン | main | 『三瀬そば』 そばをたらふく食べるという贅沢。 >>
『饂飩と自然食料理 わらの蔵』 がちんこ勝負 vsひやかけの巻
ass.jpg

博多のうどん業界に一石を投じた
美味しい焼酎をちびちびやりながら、
うどんを啜ってきましたよ、と。

さて、オーダーしたのは冷やし素うどん。
そう、ひやかけうどんでございます。
7月に入った頃にメニューに加わっていたようで、
9月でいったん販売が終了するとのこと。
お値段はかけうどんと同じ、1杯500円。
なんかひやしかけうどんにすると、
グッとお値打ち感が出るように思えます。



さて、注文したのは、
冷やし素うどんと女将さんのお手製・焼おにぎり。
ごぼう天はトッピングで300円。
左側にちらりと写っている漬け物の盛り合せも
大変美味しゅうございました。
(写真撮り損なってました・・・)

▼おでまし、うどんさま
a_0026554.jpg

まずはうどんにズームイン!

ass.jpg

もういっちょ!

s_0026555.jpg

温うどんでも、そそる佇まいではありますが、
きりりと冷えることで、食感はもはや別もの。
逞しさがググっと増し、それはそれは大変男らしい弾力に。
ムンニと歯の圧を受け、
受け流すことなく芯まで到達するこの悦楽。
口の中が弾力祭り。もうメロメロです。

そして、すめもまたソリッドな印象に。
あごの豊かな風味が際立ち、
冷たいのに香り立つという、ちょっと不思議な感覚をおぼえました。
かえしのシャープな辛さもgood。
醤油そのものの味がぼやけることなく、
ダイレクトに堪能できます。

さっくりと揚がったごぼう天も食感が違う2タイプが味わえ、
とても満足できる内容でした。
麺量がかなりあるので、大盛りにしなくても十分なことを考えると、
むしろ安いとも思えるわけです。

a.jpg

味噌も女将さんによる自家製だそうで。
雑穀米なのでヘルシ〜。

おごちそうさまでした!!




『饂飩と自然食料理 わらの蔵』
住所 福岡市中央区今泉1-9-6 レジデンス松寿1F奥
電話 092-771-3107
営業 11:30〜15:00、17:00〜22:00
店休 日曜

COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/734
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ