製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『中華そば 郷家 天神店』 気分ってスゴい。 | main | 『ラーメン海鳴』 まぜそばもまた良し。 >>
『ちゃんぽんならここ』 その辺のことはどうでもいい。
a_0026617.jpg

ちゃんぽんならここ。
これ、れっきとした店名です。
そんなこんなで赤坂にある『ちゃんぽんならここ』さんへ。
鈴木商店さんの並びにあります。

a_0026626.jpg

名前で敬遠していた節はありますが、
旨いと聞いたもので、人の助言には素直に従います。笑



a_0026614.jpg 

ちゃんぽんは700円から。
ちぢれちゃんぽん、つけちゃんぽんってのもありました。

a_0026613.jpg

ランチはとってもお得です。
お好みのちゃんぽんに、
サイドメニューを1品+50円で追加できます。

▼登場、ちぢれちゃんぽんさま
s_0026619.jpg

せっかくなので、麺が面白そうなちぢれに。
野菜、魚介てんこ盛り。700円でも納得です。
無化調とありましたが、
この際、そんなことはどうでもいいような気がしました。
というのも、この店を気に入っている方は、
お店のゆったりとした雰囲気であったり、
気さくそうな店主の人柄であったり、
心意気を感じるボリューム感であったり、
そんなあれこれに惹かれている気がするのです。
魚介と鶏ガラでとったスープはよく旨味がでていて、
そこに溶け込む具材のダシもまた良し。

a_0026625.jpg

麺はほのかなちぢれです。もっちり感があります。
ただやや加水が高めなのか、スープの吸いはそれほどでもありません。
スープと一体になった麺を食べるなら、
デフォのほうがいいのかもしれませんね。
僕はちぢれでも十分楽しめました。

a_0026622.jpg

ちなみに50円×2で追加したのはこの唐揚げとご飯。
唐揚げは下味しっかり。ご飯が進みます。
ちゃんぽんが予想以上の量だったため、
かなりの満腹感。

おごちそうさまでした。



『ちゃんぽんならここ 赤坂店』
住所 福岡市中央区赤坂1丁目1-18 リバティ赤坂1F
電話 092-724-5872
営業 11:30〜14:30、17:30〜22:00
   日祝は11:30〜14:30のみ
定休 不定


COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/739
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ