製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『らーめん屋 鳳凛 春吉店』 そのクオリティを再確認。 | main | 『ラーメン海鳴』 今度の一杯は刺激的。 >>
『中華そば 鶴と亀』 チャンポンもアリ!
a_0026947.jpg

美味い、と聞いたら自然と足が向かう。
久しぶりに『中華そば 鶴と亀』さんにお邪魔しました。
「実はチャンポンも美味いんですよ」というブランコ・Yさんの
一言が決め手になりました。
それにしても、前回からかなり間隔が空いていましたね。。

a_0026953.jpg

お、下にあった!
ん、今月のラーメン、味噌ラーメンも気になる。
が、初志貫徹でいく。
ま、楽しみは次回にとっておきましょうかね。


a_0026952.jpg

ちなみに、しそじゃこ飯も美味いのです。

a_0026950.jpg

シソ、じゃこ、ゴマの三位一体の一杯。
一度ぜひ食べてみてください、シンプルですが、絶妙な味付けです。

▼やってきた、チャンポンさま
a_0026946.jpg

なかなかボリューミーですね!
スープのベースは鶏白湯。
野菜や魚介、肉の旨味がスープに溶け込み、
まろやかで後を引く。
舌にほのかなとろみを残し、コクという余韻を残していきます。
こちらの鶏白湯自体がそもそも濃度が高いため、
ボディがしっかり。具材が多く、食べ甲斐があります。

a_0026949.jpg

ぷりんとした食感のちゃんぽん麺。
スープをしっかり吸って、
噛みしめると麺の甘み、スープの旨味が口に広がります。

それにしてもはずれなし。
結構常連さんも多いそうですが、納得です。
近々、味噌ラーメンを食べよう。

おごちそうさまでした!


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

『中華そば 鶴と亀』
住所 福岡市中央区高砂1-12-2
電話 092-531-5577
営業 11:00〜21:00(金・土曜は〜24:00)
店休 日曜、祝日

COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/748
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ