製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『麺工房なか』 美人うどんをあえて男らしく。 | main | 『中華そば 行徳家』 変化する生醤油ラーメン。 >>
『博多つけ麺 秀』 この際、歴史の事は置いておこう。
a_0027075.jpg

前回のワンコイン冷製麺が好印象だった
博多つけ麺 秀』さんへ。
そういえば普通のちゃんぽんを食べてないことに気が付き、
ちゃんぽんをオーダーしました。


メニューはこちら。
 a_0027071.jpg

まだ箱崎に店があった頃の人気メニューだったそうです。
その味を再現しているとのこと。

▼登場、博多ちゃんぽんさま
a_0027073.jpg

絵を見た時から違和感があったのですが、
すごく今風のビジュアルですよね。

a.jpg
だってフライドオニオンが上にのってるし。

ちょっと麺食らった、否、面食らった状態でスープを一口。
秀ちゃんさんらしい濃厚で口当たりのいい豚骨スープです。
こちらに野菜、豚肉の旨味が溶け込んでおります。
魚介系の具材は入っておりません。ん?あれ?

麺もまた想定外。
aa.jpg

もっちりシコシコの扁平の太麺。
スープにまけないかなりの存在感。
そういえば、これほどの太麺で食べるちゃんぽんって初めてだ。
麺そのものの味がよく、
食べ甲斐がありますよ。

それにしても食べている間ずっとスープに豚骨ではない何か、
魚介のような味がする。
が、具材に魚介系は入っていない。
ダブルスープか??と思っていると、

a_0027082.jpg

麺をほぼ食べ終えた頃に丼の底から干しえびが。
なるほど、これだったんだ。
って、箱崎の頃って干しエビ使ってたのかな。

箱崎の時代の、、っていう下りに引っ張られ、
なんか妙な感覚をいだいた次第です。
味は良いんですよ。
なので、箱崎の〜という歴史とか、懐かしさとかは考えずに
食べたほうが良いな、という結論に至りました。


COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/755
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ