製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『ももたろううどん』 今日のゴボウはどこのゴボウ? | main | 『うどん処 松島』 今度こそ、イチオシの一杯を。 >>
『大助うどん』 一杯入魂の心意気。
a_0027544.jpg

久しぶりにテンションあがりまくり。

a_0027549.jpg

藤崎にある人気うどん店『大助うどん』さんにお邪魔しました。
店主は脱サラしてうどんの世界に入り、今年で29年目。
これまでに弟子を12人ほど輩出されています。
店主はとにかく熱い。うどんからもビシバシ感じられます。


a_0027539.jpg

一番人気は ごぼう天うどん。600円。
どんちゃんといううどん×ちゃんぽんのユニークな一杯もあり。

a_0027541.jpg

トッピングがユニークで、ホタテ天、サザエ天も!
サザエ天を別にいただいたのですが、磯臭さは皆無。
ほどよい塩気、サザエのうま味、
コリッとした食感が確かに残っていました。
これ、ほんとにオススメです。

▼登場、ごぼう天うどんさま
a_0027544.jpg

まず目を引くのがでっかいごぼう天。
もともとこんなに大きくなく、
スメに浸るように丼の中央においていたそうです。
このお店の大ファンでもある舞台俳優の井上芳雄さんが
ライブなどで「大助うどんさんのゴボウ天は世界一」と宣言し、
大将もその気持ちを嬉しく思い、
サイズも大きくし、せっかくならごぼう天そのものも楽しんでほしい、
ということでこの提供スタイルになったそう。

スメは羅臼昆布を惜しみなく使い、
上品に仕上げています。
味も淡白かというととんでもなく、
絶妙な返しの塩気が主張し、物足りなさを感じさせません。
すっきりとしたキレのよい旨味が、
余韻を残して消えていきます。

a_0027546.jpg

麺は店主のお手製。自家製の手打ち麺です。
細めではありますが、コシがしっかりあり、
噛み締めると引きを感じます。
表面には心地よいぬめりがあり、
唇に滑らせたときに心地よいこと、心地よいこと。
他のうどんも食べたいが、
次は何にしよう。美味しい妄想は膨らむばかりです。

おごちそうさまでした!!!



『大助うどん』
住所 福岡市早良区藤崎1-1-4
営業 11時〜24時(OS23時)
   ※麺が売り切れ次第終了
電話 092-821-0830
店休 なし

COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/781
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ