製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『アイバンラーメンPLUS』 経堂に支店があったとは。 | main | 『そば処 港屋』 いろいろと衝撃的。 >>
『ソラノイロ』 どっちも捨てがたし。
a_0027841.jpg

思い出し、また食べたくなっている。
麹町から歩いて5分くらいの場所にある『ソラノイロ』さんにて、
ラーメンを堪能してきました。
通り側は全面ガラス張り。
スタイリッシュながら、どこかあたたかみのある雰囲気です。
外から見ていると店員さんと目が合ってにっこりと微笑まれる。
ちょっとしたやり取りでしたが嬉しかったりします。

↓メニュー
a_0027818.jpg

醤油味の中華ソバを柱に、
ニンジンベースのベジソバ、
そのほか季節メニューが楽しめます。

a_0027817.jpg

ランチタイムにはセットもあり。


a_0027823.jpg

初来店は定番を食べる、という方針に基づき、
ベジソバが気になりつつも中華ソバをチョイス。
こちらは特製で、チャーシュー増量、味玉付きです。
スープを飲むと鶏ガラの味がドンと来る。
同時に表面の鶏油(香味油と言ったほうがいいかな)がもたらす
甘みが舌に伝わってきます。
喉を通り過ぎた後、魚介のフレーバーが残る。 
それを2回繰り返す。もう夢中になっていました。

a_0027827.jpg

醤油はトンガっておらず、角のとれた印象。
それだけが突出している、というわけではありません。

a_0027822.jpg

角度を変えてもう一枚。
もう一つ言うと、結構、ボリュームもあります。
食べごたえがあるのは男性的には嬉しいポイントです。

a_0027824.jpg

スープが染みているのか、やや黄みがかっています。
もしくはもともと玉子が入っているのかな。
表面がつややか。滑らかな食感が唇に心地よし。
加水はやや高め? 咀嚼の度に口の中で弾みます。

めったに来れない東京です。

a_0027831.jpg

こういうことになります。2杯目をいただきます。
こちらがベジソバ。透明のレンゲが目を引きます。
ニンジンベースというスープはきれいなオレンジ色。
口にすると、野菜由来の甘みが広がる。
これが本当に絶妙な甘さです。
後を引く、という言葉では言い尽くせない強力な吸引力があります。

a_0027835.jpg

麺は平打ち。パプリカが練り込んであるということで、
スープのそれよりもずっと橙色が強い。
お隣で食べていた女性は麺を持ち上げて「わー、きれい」と呟いていました。

a_0027837.jpg

こちらは柚子ゴショウ。
これを加えることにより、塩気が強まります。
同時に、ピリリとした刺激がアクセントに。

a_0027838.jpg

二杯目なのにスープまで完食。
また食べたいなあ。
季節の一杯も気になる。定期的に通いたいお店に加わりました。

おごちそうさまでした!!



『ソラノイロ』
電話 03-3263-5460
住所 東京都千代田区平河町1-3-10 ブルービル本館1B
営業 月〜金/11:00〜14:30(LO)、17:00〜21:30(LO)
   土/11:00〜15:00(LO)
定休 日祝


COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/788
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ