製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年もお世話になりました。 | main | 2月27日開業の『大名麺通団』のプレオープンへ >>
『芭蕉庵』 見れば見るほど、魅力的。
「今すぐ、待ったなし、この場で、ただちに」
これは東海林さだおさんの著書「ラーメン大好き!!」からの一文。
ラーメンって、吸引力がとにかく強く、
ひとたび食べたいと思ったら、
居てもたってもいられなくなってしまうものです。

a_0028528.jpg

ラーメンにおぼえるようなそんな感覚が、
まさか蕎麦で沸き起こるなんて。


s_0028534.jpg

八幡の「芭蕉庵」といえば、
麺好きには名前が通った名店です。
なのにブログ初登場(すみません、もっと勉強します!)。
昼の営業終了間際に滑り込む。
店内は満席で、かろうじてカウンターが空いておりましたので、そちらに。

a_0028525.jpg

さっぱりと冷たいそばをいただこう。
迷えばきりなし。そう思い、えいやあと注文したのがこちら。

▼越前風おろしさま
a.jpg

おろしの辛味ですかっと食べたい。
頭の中はすでに蕎麦一色です。

a_0028528.jpg

で、麺です。写真で伝わりにくいかもしれませんが、
運ばれた瞬間、何かこう、突き動かすものがあります。
それは前評判が良いから、といった類いのものではありません。

a_0028529.jpg

接写して思いました。
そう、麺がどことなく官能的なのです。
表面は艶やかで、キメの細かい肌を連想させます。
ほのかに丸みを帯びていて、持ち上げると適度な弾力がある。
ぱっと見ただけでは分かりませんでしたが、
見れば見るほど、魅力的。
そのまま噛み締めると、そばの豊かな風味がふわりと鼻を抜けます。
幸せな気持ちになりました。

a_0028530.jpg

おろしの辛さがそばの甘みを引き立てます。
辛みはそのまま、アクセントに。

a_0028531.jpg

レモンを絞って食べるという選択肢があるのが
大きな特徴です。
酸味のある果汁はほかの味を損なうことなく、
その仕事をきちんと果たしてくれます。

a_0028533.jpg

濃厚なそば湯でしめる。
また別のそばも食べたい。自然とそう思っている自分がいました。
そうそう、upできておりませんが、
太宰府にお弟子さんのお店があります。
そちらも是非近々ご紹介したい。

おごちそうさまでした!!



『芭蕉庵』 
住所 福岡県北九州市八幡東区尾倉2-7-10
電話 093-671-1107
営業 11:00〜14:30
店休 日曜、祝日

COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/791
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ