製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『芭蕉庵』 見れば見るほど、魅力的。 | main | 『ふくちゃんラーメン』 下ブレなし。 >>
2月27日開業の『大名麺通団』のプレオープンへ
a_0028721.jpg

首を長〜くして待っておりました。
何かというと、大名に注目のうどん店がオープンするんです。
伺ったのは、渡辺通にもを構える『大名麺通団』さん。
2.27がグランドオープンで、今日がプレオープン。
なんとうどん+天ぷら&おにぎり2点がついて、
300円!!と言ってもきっと驚くでしょうが、
なんとタダ。無料です。 太っ腹ですね。

s_0028730.jpg

場所は大名のど真ん中です。
テムジンのとなりでかつてはファミリーマートがありました。
そう、以前勤めていた編プロの事務所の真ん前。
まだ勤めていたら、、、毎日うどん生活だったかもしれんです。



お招きいただいたソワニエ編集長・弓削さんの許可のもと、
店内を撮影させていただきました。

★_0028727.jpg

床はコンクリート打ちっぱなしです。
テーブルには間接照明の柔らかい光が落ち、
和やかで温かみのある空間になっております。
通り側がガラス窓で、外光が差し込んでくる。
ブロガーのみなさん、窓側のテーブルへの着席をオススメいたします。笑
席数が思ったよりもずっと多く、25〜30席ほどでしょうか。
奥にゆったりと座れるテーブルがあり、
夜なんかはチョイ飲みにも大活躍しそうです。

この日は小うどんが一杯無料ということで、
せっかくなのでちょっとトッピングのあるうどんをセレクト。

▼おでまし、うどんさま
a.jpg

釜玉うどんに鶏肉が盛られた「とりたま」をセレクトしました。
確か一杯400円ほどだったと記憶してます。

a_0028722.jpg

鶏肉には塩での味付けがなされていて、
勢いよく混ぜれば、ほのかな塩気が食欲をかき立てる一杯のできあがり。

s_0028725.jpg

僕は少々醤油を垂らして、
まろやかな玉子の風味、しゃっきりと切り口が立ったネギとともに
ワシワシとかき込みました。
この鶏肉の調子が絶妙によろしく、
牛の肉うどんでは出せないやさしい旨味を演出しております。
後半、唐辛子をパラパラとやるのもよろしいかと。

麺は奥にクッとくる腰があり、
ただ、それでいて表面1mmくらいはもっちりとやわらか。
口の中で咀嚼するたびに、うっとりする食感が繰り返されます。

a_0028723.jpg

ちくわのいそべ揚げとかしわのおにぎり。
磯っぽさが加わることで、食欲はさらに加速します。
疾風のごとく平らげてしまいました。
といっても、小でも通常の並うどんくらいのボリュームがありますよ。

丼を空っぽにし、はふぅと一息。
正面に大学生くらいの男性グループ、
天ぷらコーナーには団体のご年配女性グループ、
奥にはカップルの姿も見受けられます。

数日前に見たチラシに
「うどん屋が少ないとお嘆きだった大名の皆さん、お待たせしました」 
書かれていました。
なんか、この言葉がとても僕個人的に刺さっていたのですが、
みんな大名にこういう店がほしかったのだろうな、
と、そんなことを思ってみたり。

グランドオープンが楽しみです。
弓削さん、改めておめでとうございます。

おごちそうさまでした!!



『大名麺通団』
住所 福岡市中央区大名1-11-4
電話 092-724-3855
営業 11:00〜25:00 (LO24:30)、日祝〜23:00(LO22:30)
店休 ー  ※たぶんしばらくなし


COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/792
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ