製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【栗ちゃんラーメン】 豚骨気分を満たしてくれます。 | main | 『咲きまさ』 本格のつけ麺 >>
【さぬきうどん 大木戸】 カレーうどんにも夏がやって来た。
a.jpg

私事ではございますが、
8月11日をもって引っ越しをし、
拠点を今泉から舞鶴へと移しました。
きっとこの麺ブログにもその影響が表れてくるはず。乞うご期待。

ということで、
さっそく舞鶴の至宝、「さぬきうどん 大木戸」さんへ。
なんでもカレーうどんが夏仕様になったとか。


a_0030354.jpg

あ、ほんとうだ。

▼こっちは以前のものです
a_0028292.jpg

カレーうどん(こちらは以前の記事)が、カレーぶっかけになってる。
これは注文するしかないでしょ、ということで、、、

▼おでまし、カレーぶっかけさま
 a_0030356.jpg

またもやお供はちくわ天という。
まったく意識していませんでしたが、なんたる単純脳。

ルウのうまさはそのまま。
常温で提供しております。
これがなんとも良い塩梅なのです。
ぬるいとか、そんな類いのものではございません。
丁度いい、その一言に尽きます。
温度が下がった分、ダシの風味が際立っていた印象を受けました。

a_0030358.jpg

麺は温と冷から選べます。
暑い夏ですので、断然、後者な気分。
カレーって汗をかきかき食べる感じが一般的ですが、
さらりとクールにいただけます。
これはハマるなあ。天かすを入れるとコクが増しますよ〜。

おごちそうさまでした!!




『さぬきうどん 大木戸』 
住所 福岡市中央区舞鶴2-8-29 日宝サンセーヌ舞鶴104
電話 092-771-7187
営業 11:00〜17:00、土・祝日は〜15:00
定休 日曜
「舞鶴の至宝」
全く同感です(笑)。
レジ横に置いてある大木戸新聞。
店主木村くんの、うどんへの熱い思いが詰まっていて、毎号毎号感心というか感動すら覚えます。
わたくしもサポーターの一人です。
ここの「冷かけ」の麺とだしの、少しとがった感じが大好きでしたが、この頃はこれにうどんのふくよかさ、優しさが加わってきたようで、若くして円熟の境地に達したかの勢いを感じます。
ちょっと大げさかな(笑)。
どか | 2012/08/24 13:01
どかさま

コメントありがとうございます!
いや、本当に見事なまでの安定感ですよね。
ご近所になったので、うどん玉が手軽に手に入るのが、
とても嬉しいです。
大木戸新聞のクオリティも素晴らしいですよね。
表現者としてあの熱さを見習わねばと常々思っております。

山田祐一郎 拝
山田 | 2012/08/24 19:46
引っ越し先近っ

いえ、私も近場を3回引っ越してますからわかりますけど(笑)
毎度ながら楽しく拝見させていただいています^^
田中 | 2012/08/27 15:56
田中さん

いつもありがとうございます!
そうなんです、警固、今泉、舞鶴と近場ばかりで。笑
今後ともよろしくお願いします♪

山田より
ヤマダ | 2012/08/29 08:21
COMMENT









Trackback URL
http://chikara-samo.jugem.jp/trackback/820
TRACKBACK
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ