製麺業を営む家庭に生まれ育ったヌードルライター・山田祐一郎が綴る日々の実食レポートです。
「1日1麺」をモットーに、ラーメンやうどんなど幅広い麺々をご紹介しています。
福岡を中心に、九州各地、稀に九州外の一杯も登場!?
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【らーめん つけ麺 金太郎】 とろ〜り濃厚スープ
a_0029724.jpg

つけ麺が有名なこちら。
時間帯をはずしてしまったため、今回はラーメンをば。

a_0029730.jpg

熊本インターのすぐ手前にあります。
駐車場が入れにくいのでご注意を。

a_0029721.jpg

ラーメンは600円〜、つけ麺は小630円〜。
ということでラーメンをオーダーしました。

▼やってきた、ラーメンさま
a_0029724.jpg

かなり濃厚、こってり。
さすがに文龍さんほどではありませんが、
かなり迫るものを感じます。
豚足も加えてスープをとっているそうです。
かなりとろみがあり、口当たりが良い。

s_0029725.jpg

ところどころに背脂も浮かんでおります。

s_0029726.jpg

麺は中細ストレート。プチンと切れる感じが心地よし。

a_0029729.jpg

卓上の辛子高菜もとてもよく合いました。
次こそはつけ麺を食べたいなあ。



【らーめん つけ麺 金太郎】
住所 熊本市東区御領8-1-3
電話 096-389-7771
営業 11:00〜21:30(LO21:00)
店休 なし

【まんぼ亭】 アジアン、爆発!
a_MG_1150.jpg

福岡にはいろんなラーメン店がありますが、
かなり個性派の部類にカテゴライズされると思います。

a_MG_1162.jpg

場所は赤坂門市場内です。
ふきやさんがあるディープな魅力満点の通りに店を構えています。
初来店だとドキドキですが、
慣れてしまうとコレがたまらなく楽しい。

ちなみに夜は、、、
溶岩焼きやロシアの家庭料理、缶詰もあれば、モツ煮込みもあります。
なかなかワールドワイド。

q_MG_1159.jpg

お目当てはアジアンヌードル700円です。

▼登場、アジアンヌードルさま
a_MG_1153.jpg

フォーに着想を得たというこちらの「アジアンヌードル」。
鶏ガラと足ガラでとったコクのある鶏白湯スープが味を支えます。
タイ料理の代表格・トムヤムクンのように、
卓上の調味料を駆使して自分好みにアレンジします。
丼に添えられたレモンを絞り、
エビオイル、ビネガー、一味唐辛子、フライドガーリックを投入。
このエビオイルが実に秀逸です。僕は多めに入れました。

a_MG_1155.jpg

スープをしっかりと持ち上げる極太の平麺。
弾力感があり、もっちりモチモチの食感です。
野菜がたっぷりなので、ちゃんぽん感覚でもイケちゃいます。

おごちそうさまでした!!


【まんぼ亭】
住所 福岡市中央区赤坂1ー9−18 赤坂門市場内
電話 092-712-8383
営業 11:30〜14:30、18:00〜23:00OS
定休 日曜、祝日

【カジュメン AnyOne(エニワン)】 ラーメン? パスタ?
 a_0028123.jpg

野菜ソムリエの資格を持った店主が作るのが、
オリジナルメニュー「カジュメン」です。

a_0028116.jpg

「ベジトマ」は中華そばの鶏ガラスープをとる際に使う
ニンジンとタマネギに、
トマトを加えたスープソースが味の決め手なのだそう。

▼おでまし、カジュメン/ベジトマさま
a_0028122.jpg

カジュメン ベジトマ 500円。
野菜の甘み、そして鶏ガラのコクが口で広がります。
平打ちの麺はオレンジ色のスープソースとの絡みも抜群です。
スープソースを残してリゾットを楽しむ方も多いとか。

a_0028118.jpg

夜は豊富な一品料理やお酒が揃ってます。

a_0028120.jpg 

こちらは「バリはかた丼」です。
チャーシューの下に辛子高菜が敷き詰められてますよ。

a.jpg

金も美味しいそうです。今度食べてみます。



【カジュメン AnyOne(エニワン)】
住所 福岡市博多区冷泉町2-20 
電話 092-262-7067
営業 月・火曜は11:30〜21:00、水〜土曜は〜24:00、日曜は〜16:00
※15:00〜18:00は閉める場合あり
定休 不定

<お蔵出しネタです。。。>

【ふくや】個性爆発の黒うどん。
あ_0028198.jpg 

とにかくインパクト大!
汁が真っ黒、しかも甘いんですから。

ご紹介するのがJR宮崎駅から
徒歩2分ほどの場所にある『ふくや』さん。
かけうどんは300円から。

a_0028197.jpg


続きを読む >>
【いっぷくラーメン】 黒酢好きにはドスライク
s.jpg

ちょっと前に熊本へ取材へ。
途中でお邪魔したのが「いっぷくラーメン」さんです。
暑い!!ということですっきりした一杯をば。



a_0029703.jpg

ランチピークははずしていましたが、
なかなかの客入り。

a_0029694.jpg

お得なランチに惹かれつつも、初志貫徹。

a_0029692.jpg

酸辣湯麺をチョイスしましたよと。


▼登場、酸辣湯麺さま
a_0029695.jpg

予想以上に黒い!そしてむせそうなくらい酸っぱい香りがふわり。
酸味欲求モード全開だったので、
もうこりゃたまらん、となりました。

a_0029699.jpg

ちょっとアップで。
大ぶりなチャーシュー、カイワレ、ネギが盛られております。
うっすらと赤みを帯びて輝いているところがラー油です。
辛さはそこそこ。僕にはちょうど良かったですよ。
スープは黒酢が主役ですね。
ベースのスープは天草大王でとっているそうですが、
鶏の旨味、、、というよりはコントラストの効いた酸味で食べる一杯です。

a_0029702.jpg

麺はしなやかな中細ストレート。
さすがの自家製麺。マッチしておりました。

次は定番のとんこつを紹介します!



『いっぷくラーメン』
住所 熊本市田迎町田井島221-1
電話 096-378-7934
営業 11:00〜OS24:30 ※平日16:00〜18:00が休み
定休 不定

【ラーメンさかえ】 秋刀魚節で上品に。
a_0028484.jpg

【ちょっと前のネタです】

福岡市野間に店を構える「ラーメン さかえ」で
美味しい塩ラーメンを食べてきました。

a_0028491.jpg

a_0028492.jpg

豚骨醤油ラーメン、スタンダードな豚骨ラーメン、
濃厚味噌ラーメンなど、幅広い味が楽しめます。

オーダーしたのが、
秋刀魚節を使ってつくる塩ラーメン600円です。

a_0028482.jpg

スープは澄み切った黄金色で、
大きく息を吸い込みたくなるほど香りが豊か。
飲んでみると節系の酸味はほとんど感じません。
丸みがある甘さが舌の上に広がります。
トッピングはほんのり香ばしいチャーシュー、
海苔、ネギ、メンマです。

a_0028489.jpg

合わせてある麺はおよそ2mmほどの
中太ストレート麺です。
きっちりともっちり感が楽しめます。

ちなみに平日限定のランチはとてもお得です。
s_0028481.jpg

650円で好きなラーメンに、
豚めしor鶏飯or白ご飯、小鉢が付きます。
写真のようになりますよ。

350円のミニサイズがあるので、
飲んだ後にちょっと食べるのもオススメですよ。


【ラーメンさかえ】 秋刀魚節で上品に。
a_0028484.jpg

【ちょっと前のネタです】

福岡市野間に店を構える「ラーメン さかえ」で
美味しい塩ラーメンを食べてきました。

a_0028491.jpg

a_0028492.jpg

豚骨醤油ラーメン、スタンダードな豚骨ラーメン、
濃厚味噌ラーメンなど、幅広い味が楽しめます。

オーダーしたのが、
秋刀魚節を使ってつくる塩ラーメン600円です。

a_0028482.jpg

スープは澄み切った黄金色で、
大きく息を吸い込みたくなるほど香りが豊か。
飲んでみると節系の酸味はほとんど感じません。
丸みがある甘さが舌の上に広がります。
トッピングはほんのり香ばしいチャーシュー、
海苔、ネギ、メンマです。

a_0028489.jpg

合わせてある麺はおよそ2mmほどの
中太ストレート麺です。
きっちりともっちり感が楽しめます。

ちなみに平日限定のランチはとてもお得です。
s_0028481.jpg

650円で好きなラーメンに、
豚めしor鶏飯or白ご飯、小鉢が付きます。
写真のようになりますよ。

350円のミニサイズがあるので、
飲んだ後にちょっと食べるのもオススメですよ。


『らーめん二男坊』 タベトンってなんぞや?
a_0029420.jpg

「タベトン」とは、豚の頭骨とゲンコツでとったクリーミーな豚骨スープをジュレ状に固めた食べるトンコツの略。
店主・梅本さんが考案したユニークなトッピングです。

らーめん二男坊』さんにて、
博多っ子が喜びそうな油そばをいただいてきました。



続きを読む >>
『一膳めし 青木堂』 新作・塩ダレ焼きそば!
s_0029615.jpg

焼きそばがあったんです。

『一膳めし 青木堂』さんといえば、
定食のイメージがありました。
ちょっと前に食べに行った際、
壁に、新作、と書かれた張り紙を見つけました。
それがコレ。

▼登場、塩ダレ焼きそばさま
a_0029614.jpg

新メニューの「塩ダレやきそば」は500円。
近くにある上九醤油さんの塩ダレを使っているということです。
テーブルに運ばれると、すぐに塩ダレの香りが広がり、
食欲をそそります。
具材はイカゲソ、かまぼこ、キャベツ、玉ねぎ、豚肉で、
合わせるのはちゃんぽん麺です。
ちゃんぽんをそのまま焼きそばにしたような印象でした。

a_0029617.jpg

麺のぷにんとした食感が心地よく、
一体感があります。
とにかく麺をたくさん食べたいという方には、
大盛りがオススメです。
+100円で麺をダブルにすることができます。
卓上の酢をかけると最後までさっぱりと楽しめますよ。




『一膳めし 青木堂 (いちぜんめし あおきどう)』
電話 092-751-0144
住所 福岡市中央区大名1-11-28
営業 8:30〜21:00(LO20:30)
   祝日は11:00〜17:00
定休 日曜


続きを読む >>
●●●専門のうどん店です。『万平(まんぺい)』
a_0029256.jpg

福岡市城南区・七隈に興味をひかれるうどん店があります。
名前は「万平(まんぺい)」。
地下鉄七隈駅から徒歩すぐの場所にあります。

こちらは福岡で唯一、店主曰く日本でも恐らく唯一の丸天うどん専門店です。


続きを読む >>
にほんブログ村 グルメブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ